中国【労務・会計税務】実務セミナー

『人員整理における労働法規」及び「拠点整理における会計税務のポイント』


 

中国の経済が高度成長から、安定成長へ移行しつつある中で、外資系企業のみならず中国系企業にとっても、より筋肉質な組織を作り上げるために人員整理や拠点の整理が重要な経営課題となってきています。

現行の労働法規は労働者保護の傾向が強いため人員整理は容易ではありませんが、労働法規や実務上のポイントを適切に理解のうえ事前対策を行うことで、より効率的かつ効果的な人員整理を行うことができます。

一方、現地法人や代表処等の拠点整理にあたっては、現地の税務のみならず日本親会社側の会計税務処理において注意すべきポイントを十分理解したうえで、日本親会社側と統一した認識のもと、事前に対応を検討していくことが重要となります。

そこでこの度、これら労務と会計税務に関するポイントを解説する実務セミナーを開催させていただくこととなりました。

労務を専門とする中国人弁護士からはリストラや人員整理に関する実務上の留意点を、中国会計税務に精通する日本人税理士からは拠点整理に関する会計税務上の留意点について、法令規定上の取り扱いのみならず実務上の取り扱いも交えてわかりやすく解説をいたします。

なお、労務専門弁護士の講演は中国語で行いますが、弊社の労務担当日本語対応スタッフが同時通訳をいたします。

現地拠点の日本人管理者のみならず中国人管理者の方のご参加もお待ちしております。


图片.png


【申込連絡先&質問受け付け】

 電話:010-6590.9180  担当:王( 総務 )

E-MAIL:info@ohnogi-cn.com (ここをクリックしてお申込~)

なお、大野木グループWEBサイト(中国:http://www.ohnogi-cpa.com 日本:http://www.ohnogi-cpa.co.jp

からも受け付けております。

 会社概要

・ 天津洪文律師事務所

 √労働法関係案件を専門とする弁護士事務所であり、労使関係の処理、労働紛争、会社リストラなどの案件を専門的に解決している。
 講師の王勇弁護士は、労務案件の仲裁・裁判に関する豊富な経験を有しており、従業員問題の解決に関し予想されるトラブルに対し、

     会社におけるリスク回避の手法など、効果的なアドバイスをしている。

   王勇弁護士経歴:天津市第六界弁護士協会労働法委員会 主任、天津市法学会 民商委員会 理事、天津市労働組合特任法律顧問、

 天津市仲裁員会仲裁官 兼任、「労働法天窗」コラム創設者 高級講師、天津市放送局の「労働法解読」番組 特約講師 

・大野木会計グループ(http://www.ohnogi-cpa.co.jp

          2003年に天津大野木マイツ設立、2010年に北京大野木マイツを設立。 

          √ 日本(東京)、北京、天津に事務所有し、マイツグループともネットワークを組み、中国全土へサービスをカバーしています。
          √それぞれの拠点に日本人が常駐し、情報共有を図っております。

          会社設立、撤退、組織再編、財務デューデリジェンス、記帳代行、定期巡回訪問支援 等を実施。